« 本日のメニュー4/13(金曜日) | トップページ | 本日のメニュー4/14(土曜日) »

2012年4月13日 (金)

レモンケーキ

本日からレモンケーキが定番メニューに加わりました。

Lemoncake01


かわいらしい外見ですが、瀬戸内産のレモン果汁、レモンピールをたっぷり使用した大人の味です。
レモンの酸味がしっかり感じられますし、そこにレモンピールの苦みも加わっています。
粉はほとんどアーモンドパウダーのみを使用しているため、しっとり風味良く仕上がっています。

子どもの頃からレモンケーキの形状が大好きでした。
いつか自分らしいレモンケーキを作りたいと温めてきた計画がようやく実現しました。
実は昭和っぽいいわゆる「洋菓子」がわたしは大好きです。
バタークリーム、生クリームだけ使ったシュークリーム、サバラン、レモンパイ、ババロア、ピーチメルバ、焼きリンゴ…
そんなどこか懐かしいお菓子たち。
本場フランス菓子やウィーン菓子に日本のテイストを加えることにより、とっつきやすく、身近でどこかおかしみのある形態に変化したお菓子にどうしても魅かれてしまうのです。
わたしは海外留学や海外での修業経験がありません。(旅行のみです。)
フランス菓子やフランス料理(ベルギー料理)を学んだ者としては、海外経験が圧倒的に足りないのかもしれません。
でも、日本の風土に合うように、できるだけ国内の食材を使うように、身近な人たちが喜んでくれるお菓子やパンを作りたいという気持ちはだれにも負けないつもりです。

日本の「洋菓子」を見ると、海外の良い要素を取り入れようと試行錯誤している姿が自分と重なってしまうが故、こんなにも愛着がわいてしまうのかもしれません。

パリの息吹やウィーンの風はお届けできませんが、これからもコマド流でがんばって行く所存です!

Lemoncake02

パッケージもやはりどこか昭和風味?

|

« 本日のメニュー4/13(金曜日) | トップページ | 本日のメニュー4/14(土曜日) »

お菓子のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: レモンケーキ:

« 本日のメニュー4/13(金曜日) | トップページ | 本日のメニュー4/14(土曜日) »